インターン留学GUIDE

「インターン」と「留学」、そして「就活」を通じて、ワンランク上の大学生になるための方法を教えます!

大学生の、一歩先へ。

インターンと留学、そして就活。あなたがスキルアップするための方法がここに。



  

就活でたばこはNGなの?選考への影響と対策法を教えます

たばこを吸う就活生
今回のお話は、喫煙をしている就活生の皆さんに是非読んでいただきたい内容です。

就活において、たばこは歓迎されません。

このページでは、就活でたばこが好ましいとされない理由と、選考に与える影響、対策方法をお伝えします。

一度禁煙に挑戦してみることもおすすめしてるので、どうかお気を悪くしないようにしてくださいね。

どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

それでは、行ってみましょう。

就活でたばこはNGの場合が多い

就活において、たばこはNGな場合が多いです。

理由としては、採用するにあたって2つのリスクが生じてしまうからです。

  • 健康面でのリスク
  • 仕事の生産性におけるリスク

健康面でのリスクや、仕事の生産性におけるリスクは、就職した後に大きな影響を及ぼします。

採用をする側からしても、これらのリスクを看過することはできません。

そのため、就活においてたばこは、NGとされる場合が多いのです。

就活におけるたばこのマナー

就活におけるたばこのマナーはいくつかあります。

  • たばこの臭いに注意する
  • ポイ捨てをせず、マナーを守って吸う
  • 企業内では絶対に吸わない
  • 就活前にたばこをやめることがベスト
  • たばこをやめられなくても本数を減らす
  • 電子タバコでもマナーを守る

たばこを完全にやめないにしても、最低限のマナーは守らなくてはなりません。

就活を進めていくうえでこれらのマナーを守ることは必要です。

ひとつずつ確認し、実行に移せるようにしましょう。

たばこの臭いには要注意

就活において、たばこの臭いには細心の注意を払わなくてはなりません。

たばこの臭いは、人によっては悪い印象を与えかねません。

就活生はあくまでフレッシュさを売りにしたいものですから、たばこの臭いもまとっているとイメージダウンは避けられないでしょう。

そのため、たばこの臭いには注意して就活を進めるようにしましょう。

たばこの臭いは自分では気づきにくいものであるため、友達にチェックしてもらうなどして対策を講じることをおすすめします。

ポイ捨てをしない、マナーを守って吸う

ポイ捨てをしないことや、マナーを守って吸うことは、就活生としてではなく人として当たり前のことです。

ポイ捨てをしたところを採用担当者に見られてしまった場合、その瞬間に大きな減点を食らいます。

そしてその減点は人間性の評価に影響するため、挽回することが難しいのです。

たばこを吸うにしても、マナーを守って吸うことは忘れないようにしましょう。

企業内では絶対に吸わない

企業に喫煙所があったとしても、企業内では絶対にたばこを吸わないようにしましょう。

企業内に入っている喫煙所は、その企業で働いている人のための喫煙所です。

そのため、面接を受けに来たような就活生が利用することは、正直いって好ましくありません。

企業内の喫煙所でたばこを吸っている姿を見られてしまうことも好ましいものではありません。

つまらないところで自分の評価を下げないためにも、企業内では絶対にたばこを吸わないようにしましょう。

就活前にたばこをやめることがベスト

やはり、就活前にたばこをやめることがベストであるといえます。

たばこは、決して就活に良い影響を及ぼすわけではありません。

依存しやすいものではありますが、できる限り就活前にたばこをやめることをおすすめします。

禁煙は一時的な物であっても構いません。

就活中にたばこを吸わないことが重要なのです。

たばこを吸っている就活生は、面接前までにはたばこをやめることをおすすめします。

たばこをやめられなくても本数を減らす

仮にたばこを完全にやめることができなかったとしても、本数を減らす努力はしましょう。

たばこの本数を減らすだけで、禁煙にも少しずつ近づくことができます。

たばこの本数をできる限り減らすだけでも、健康面でのリスクは少なからず回避することができます。

さらに、それまでたばこに使っていたお金も浮きます。

たばこをやめると様々なメリットがあるため、禁煙とはいかないまでも、本数を減らす努力をすることをおすすめします。

電子タバコでもマナーを守る

最近では電子タバコを吸う人も増えてきましたが、この電子タバコを吸うときもマナーは必須です。

電子タバコは紙タバコよりもにおいが抑えられますが、完全に消えるわけではありません。

電子タバコであっても、たばこを吸っていない人にはすぐにばれてしまうのです。

そのため、電子タバコでも普通のたばこでも、就活中は吸わないことが賢明なのです。

禁煙への動きを見せる企業が増えている

最近では、禁煙への動きを見せる企業が増えています。

  • 喫煙者を採用しない「禁煙企業」としての採用活動
  • 非喫煙者には有給を付与する
  • 喫煙所を撤去し、就業中は全面禁煙

国として喫煙への規制が強まったこともあり、禁煙に動く企業は少なくありません。

また、非喫煙者を優遇する措置を取る会社もあります。

そのため、喫煙者が就活を進めるためには、その企業が喫煙に対してどのようなスタンスを取っているのかというリサーチをする必要があるのです。

以下の企業は、禁煙を推進している企業の代表格です。

  • コナミ(エンタメ、スポーツ)
  • 星野リゾート(旅行)
  • ファイザー(製薬)

禁煙を推進する企業は業界を問わないため、幅広い喫煙者の就活生に影響が出ることは間違いないでしょう。

就活でたばこを吸うか聞かれたときのポイント

ここからは、就活でたばこを吸うか聞かれたときのポイントを解説していきます。

  • 嘘はつかずに正直に答える
  • 就活の前に禁煙に挑戦する
  • 業界によっては喫煙自体が大きなマイナスになる

就活でたばこを吸うか聞かれたときは、嘘をつかずに正直に答えることが賢明です。

しかし、この手の質問に印象の良い答えを用意できるよう、就活前に禁煙に挑戦するのも良いでしょう。

業界によっては喫煙自体が就活に悪影響を与えることもあるため、一度禁煙を検討してみることをおすすめします。

嘘はつかずに正直に答える

就活でたばこを吸っているかを聞かれたときには、嘘をつかずに正直に答えるようにしましょう。

嘘をついたところで、面接前にたばこを吸っていたら結局ばれます。

むしろ嘘をついたことでマイナスになる可能性もあるため、嘘はつかずに極力正直に答えることが賢明なのです。

就活の前に禁煙に挑戦する

就活の前に禁煙に挑戦するのも良いでしょう。

就活をターニングポイントとして捉え、禁煙に挑戦する人は少なくありません。

禁煙すると経済面や健康面において大きなメリットを享受することができます。

そのため、就活を契機に禁煙に挑戦してみてはいかがでしょうか。

業界によっては喫煙自体が大きなマイナスになる

業界によっては、喫煙自体が大きなマイナスになることもあります。

特に顧客と接する機会の多い接客業などは、就活において喫煙者が否かを重要視する傾向にあります。

業界によって喫煙に対するスタンスは大きく変わってくるため、喫煙者はそのあたりのリサーチもしなくてはなりませんね。

就活では禁煙をおすすめします

就活では、禁煙することをおすすめします。

喫煙をすることで就活に影響が出ることはありますが、非喫煙者が就活で影響を受けることはありません。

一時的でも禁煙をすることで、就活におけるリスクを軽減することができるのです。

そのため、現在喫煙をしている就活生も、一時的に禁煙に挑戦してみることをおすすめします。

意外と禁煙しても平気だったりするかもしれませんよ。

  

それでは、今回はこのあたりで失礼します。